このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

FXや仮想通貨で使われる用語をわかりやすく解説した用語集(のつもり)

こんにちは、祢宜です。

 

専門性が高い業種というのは、やはり専門的な用語が使われます。
そのため、すべての用語を把握することは不可能なんじゃないかと思います。

 

今回はよく使われる用語をピックアップしてみました。
これさえ知っておけばなんとかなる、というものです。

 

「これって何?よくわからない」という用語がありましたら、
お問い合わせからお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

では早速解説していきます。
ちなみに僕が説明しやすい順にしてありますので、
あなたから見ると順不同となっています。

 

ちなみにそもそもFXとは?については以下の記事をご覧ください。

副業にはFXという選択肢。FXはギャンブル?儲かる?など、
FXをわかりやすく1から解説

pips(ピプス・ピップス・ピップ)とは

pipsとは、FXでの共通単位のことです。
通貨の最小単位というものは通貨によって全然違います。
例えば日本だと最小は現行だと1円(昔は1銭)ですが、
米ドルだと1セント(ドルの1/100)です。

 

しかし1ドルと1円の価値も、
1セントと1円の価値も全然釣り合っていません。
なので、その差を合わせるためにpipsという単位を用いるのです。

 

例:1pips=1銭=0.01セント=0.0001ドル
という具合です。

通貨ペアとは

通貨と通貨の組み合わせのことです。
例えば米ドル/円(USDJPY)やユーロドル(EURUSD)などです。

基軸通貨とは

通貨ペアの前半部分です。
例えばUSDJPYならばUSDが基軸通貨となっています。

 

チャートに表示される価格というものは、基軸通貨を基準にして、
基軸通貨に合わさっている通貨がどれだけの価値になっているのか、
というものを表しています。

 

要するに、USDJPYの場合
「1ドルに対して円がいくらになっているのか」
ということですね。

 

また、GBPJPY(ポンド円)の場合には、
「1ポンドに対して円はいくら?」ということです。

ショート・ロングとは

ショートは売り注文、ロングは買い注文のこと。
買いと売りは基軸通貨をどうしたいか、ということです。

 

ドル円ならば、基軸通貨のドルを現在の日本円の価値で買いたい、
ドルを現在の価格で売りたい、となります。

 

ちなみにFXは株と違い、売りから入ることができます(空売り)。

エントリー(注文)・イグジット(決済)とは

エントリーとは注文を入れて取引を開始することです。
例えば「上がっていくサインが出たから買う!」として
注文を入れることが「エントリーする」ということになります。

 

逆にイグジットは取引を終了させることを意味します。
主に利益確定(利確)のときに使われています。
損失時に使用する言葉は主に「損切り」ですね。

ポジションとは

エントリーをして通貨を保有・保持している状態のことです。
「ポジションを持つ」というように使います。

ロット数(通貨量・数量)とは

1回のエントリーをどれくらいの通貨量で取引するのか、
という注文数のことです。

 

例えば会社で、商品などをカタログや注文用紙で注文するときに、
「5つで1セット」や「10部1セット」等があると思いますが、
1セットというものが1ロットです。

 

ちなみにエントリー画面(下の画像)での
赤枠の数値を変えることによって増減が可能です。

 

ロット数1.00(10万通貨)の場合、
10pipsの値動きで1万円の損益となります。

レバレッジとは

レバレッジを直訳すると「てこ」です。
FXはてこの原理によって、小さな資金で大きな額を動かすことができます。
つまり、レバレッジが大きければ大きいほど、より小さな資金で、
より大きなロット数に挑むことができる、ということです。

 

これをメリットと捉えるかデメリットと捉えるかはその人次第ですが、
日本政府は大きなレバレッジをデメリットと捉えました。
そのため、トレーダーの保護という名目で、法律によって
国内口座のレバレッジは25倍までと定めています。

 

一方海外口座にはそのようなレバレッジの制限はありませんので、
500倍や1000倍も存在するのです。

証拠金とは

簡単に言うとあなたの資金のことです。

 

レバレッジをかけるFXは信用取引なので、取引の損失分を担保できるだけの必要最低限の金額を、レバレッジに合わせて確保する必要があります。

 

そのため、証拠金=投資に使える額ではありませんのでご注意。

スワップポイントとは

金利のことです。
金利に差がある通貨ペアで、金利の高い方の通貨を
買いエントリーして、かつ日をまたぐと数pipsの金利
(1日あたり数円~数十円)が手に入ります。

 

このスワップポイントだけで
すごい資産を築いたという方もいるようですね。

スプレッドとは

売りの場合の価格と買いの場合の価格差のことです。
この価格差は業者の手数料みたいなものですね。

上の図で、赤色と青色では小数点以下が違っていますよね。
この差のことをスプレッドと言います。
ちなみに日本語に直訳すると「広げる」です。

 

この差は業者によって大きさが全然違います
よって価格差の少ない業者を選べばそれだけトレーダーが得をするわけです。

リアル口座・デモ口座とは

リアル口座はあなたの資金を使って実際に取引をするための口座のこと。
デモ口座はシステムはリアル口座によく似ていますが、
取引するためのお金はただの仮想です。

 

そのためデモ口座は、利益を出してもあなたのお金にはならないし、
大金を使ってエントリーしても、相場には全く影響を及ぼしません。
よって初心者の方はデモ口座で練習してから
リアル口座で取引することをおすすめします。

トレンド・レンジとは

それぞれ通貨の値動きの状態です。
トレンドにはアップ(上昇)トレンドダウン(下落・下降)トレンドがあり、
一方方向に値が動いていく状態です。

 

下図はまさにトレンドです。

 

レンジとは一定の価格をウロウロしており、
方向感のない相場のことを言います。
下図の状態がレンジです。

押し目(押し目買い)・戻り(戻り売り)とは

トレンド時は一直線に動いていくわけではなく、例えば上昇トレンドならば
一息ついて上昇、また一息ついて上昇というように、
一旦値を下げてまた上がっていくという動きをします。

 

逆に下降トレンドも同じように一旦値を上げてまた下降という動きをします。


(下降トレンド中の戻り部分)

含み益・含み損とは

エントリー後、利益が出ている上ではあるものの決済をしていない、
暫定利益のことを「含み益」といいます。
逆に暫定的な損失のことを「含み損」といいます。

損切りとは

含み損がある状態で決済をすることです。
「いつか戻るだろう」などというように、
損切りができない人がいますが、はっきり言って破滅するだけです。

 

損切りができるような機械的なトレードを心がけましょう。

利益確定(利確)とは

含み益がある状態で決済をすることです。

 

利益が出ているからと言って少額で
利確をしてしまうのはよろしくありません。

 

もちろんそれがトレードスタイルとして確立しているのならば話は別ですが、
トレードスタイルではなくて、「利益が出ているから確保しておきたい」
というような防衛本能による利確は絶対にしてはいけません

 

コツコツドカン(利小損大)の原因の1つですので。

T/P・S/Lとは?

T/Pは「Take Profit」の略で、日本語だと「利確」。
S/Lは「Stop Loss」の略で、日本語だと「損切り」です。

 

MT4だとターミナル欄にこの文字があるので、
覚えておいて損はありませんよ。

指値・逆指値とは

指値とは、エントリー・イグジットする際に
予め指定した金額で取引を行うことを言います。

 

指値買いは、現在の価格よりも安くなったら買う。
逆に指値売りは現在の価格よりも高くなったら売る、
と指定して取引をすることです。

 

逆指値も同様に、エントリーやイグジットをする際に指定した金額で取引することですが、中身が違います。
逆指値買いは現在の価格よりも高くなったら買う。
そして逆指値売りは現在の価格よりも安くなったら売るというものです。

 

例を挙げます。

 

110円で買い注文をして111円になったら利確する、
逆に109円になったら損切りするという場合、
それぞれ指値逆指値のどれにあたるかというと、
111円の利確は「指値売り」、109円の損切りは「逆指値売り」です。

 

売りの理由は、
「買って入ったら売って出る」
「売って入ったら買いで出る」
という原則があるからです。

 

要は
「ドルを買って注文したのなら、確定する際はドルを売らないといけない」
ってことです。

インジケーターとは

チャートを見る場合の、一定の指標となる曲線。
トレンド系やオシレーター系などが存在します。

 

メジャーなものとしては移動平均線(MA)、
ボリンジャーバンド(BB)、一目均衡表、
ストキャスティクス、RSIがあります。

 

詳しくはインジケーターの種類紹介記事で説明します。

ゴールデンクロス・デッドクロスとは

インジケーターの1つである移動平均線(MA)で、
長期MAと短期MAを組み合わせてチャートを見ている場合、
短期MAが長期MAを下から上へクロスした場合に
「ゴールデンクロス」といいます。

 

このクロスが起きると、上昇トレンドが発生する可能性があります。

 

逆に短期MAが長期MAを上から下へクロスした場合は
「デッドクロス」と言い、下降トレンドが発生する可能性があります。

ローソク足とは

相場の値動きを時系列で表す際の、チャートに写す際の、
値動きを見るための棒状のような図表です。
陽線と陰線があり、陽線が上昇、陰線が下降を表します。

 

さらに「実体」と「ヒゲ」があり、実体部分は「始値」と「終値」、
ヒゲ部分はその時間内での「安値」と「高値」を表します。

 

始値(はじめね)・終値(おわりね)とは

始値とは、1本のローソク足が始まったときの価格のことで、
終値とは、1本のローソク足が終わったとき価格です。
(ローソク足の上図参照)

高値(たかね)・安値(やすね)とは

ローソク足における高値・安値は、1本のローソク足を形成する
値動きの中で最も高かった価格を高値、最も安かった価格を安値と言います。
(ローソク足の上図参照)

 

トレンドにける高値・安値は、トレンドの項目内で
「トレンドは一直線に動くのではなく、価格を上下させながら動く」
と書きましたが、その価格変動の波の上側が「高値」、
変動の波の下側が安値です。

時間足(タイムフレーム)とは

1本のローソク足を形成するまでの時間です。
1分足なら1分でローソク1本が形成、
1時間足なら1時間でローソク1本が作られるという具合です。

テスターとは

MT4に備わっている機能で、過去チャートを使いながら
EAや手法の検証をすることができる機能です。
MT4左上の[表示]→[ストラテジーテスター]から表示させることができます。

EA(自動売買)とは

手法をプログラム構築し、手法に合致した部分で
注文や決済を自動的にしてくれるプログラムです。

 

プログラムに沿っているので裁量の余地がないという部分はメリットです。
ただ、失敗するととんでもないことになりますので、自己責任で。

サポートライン(支持線)・レジスタンスライン(抵抗線)とは

トレンドが出ているときに、トレンドを下支えしているように
見える線のことや始まりの値のことをサポートラインといいます。

 

レジスタンスラインはトレンド時にはトレンドの上値で、
ある価格になったらなぜかそれ以上上がらない場合には
トレンドラインの存在があるかもしれません。
、とも言います。

窓を開けるとは

FXは月曜始まりの金曜終わりですが、
土日にエントリーしておくという人もいます。

 

例えば土日にアメリカ大統領や日銀総裁などの要人の発言があったり、
動きがあったりするとエントリーする、という具合です。

 

そのような人たちが多いと、金曜の最終ローソクと
月曜の最初のローソクの価格が大きくズレることがあります。
この現象を窓を開けると言います。

ボラティリティ(ボラ)とは

値動きの大きさ・激しさのことです。

 

例えばUSDJPYは1本あたりのローソク足が小さい(=値動きが少ない)のでボラは小さいですが、GBPJPYだと1本あたりのローソク足が大きく
(=値動きが大きく)、ボラが大きいと言えます。

 

このため、一般的にはボラが大きければ大きいほど危険で、上級者向けと言われています。

マーケットタイムとは

世界各国の市場の営業時間のことです。

 

朝4時からがオセアニア市場:オーストラリアや東南アジアのことですね。
朝9時~17時がアジア市場:メインは東京です。
16時~23時がヨーロッパ市場:メインはロンドン。
22時からがアメリカ市場:一般的にはニューヨーク市場
と言われています。

 

それぞれの市場で値動きに特徴がありますので、
その特徴をつかめば利益を出しやすくなりますよ。

両建てとは

初心者のうちは絶対に手を出してはいけません。

 

ある1つの箇所で買いと売りの両方に注文を入れておくことです。
これをする理由は様々ですが、例えば経済指標の際に、
どちらに値が動くかわからないような状況の際に使用します。

 

失敗すると大損です。

ナンピン(難平)とは

初心者のうちは絶対に手を出してはいけません!
特にナンピンは初心者がやるとただのギャンブルになってしまいます。

 

上がると思って買いエントリーしたら値が下がったという場合、
即座に買いエントリーを売り払って、新たに売りエントリーをする際に
買いエントリーのロット数の2倍にするという手法です。

 

そうすることで、買いエントリー損失分の半分の値動きで
損失を取り戻すことができます。

 

しかし「ナンピンはバカがすること」ともいわれていますので、
やらないに越したことはありません。

為替差益・為替差損とは

FXの基本原理です。
注文に入るときと抜けるときの為替の差額がそのまま損益となることです。

 

例えば米ドル円で買い注文をした際の価格が100円、
決済をしたときの価格が101円だった場合は1円の差益となります。
逆に100円で買って99円で売ったら差損となります。

デイトレーディング(デイトレ)とは

数時間~20時間程度保有はするけど日を跨ぐことはない方法。
トレードスタイルにもよりますが、
1日1回~数回程度のトレードをするようです。
参照する時間足は5分足や1時間足あたりがメインです。

スキャルピング(スキャル・スキャ)とは

注文の保有時間を短くして、少しの利益が出たら決済という方法。
トレードスタイルにもよりますが、1日10回から100回、
多い人だとそれ以上取引をするようです。
参照する時間足は1分足・5分足がメインです。

スイングトレードとは

何日も、何か月も注文を保有しておく方法。
よって取引回数は1日0~1回となっています。
そのため参照する時間足も大きく、4時間足・日足・週足のようです。

おまけ・FXで有り金全部溶かした人の顔とは

「あいまいみー」という漫画・アニメのネタ。
作品内のあるキャラがFXで有り金を全部溶かした際にした顔のこと。

実際に溶かしてしまったらFX退場どころか、
人生退場が頭をよぎるかもしれませんね…。
僕の友人でFXであり金全部溶かした人がいるんですが、
やはりそれを考えたみたいですからね。

 

ちなみに2014年にDMM.com証券とコラボを果たしています。

 

さて、基本的な用語は解説したつもりです。
これらの用語をしっかり押さえればトレードに困ることはないでしょう。

 

ただ何か抜けがあるかもしれません。
抜けがあった場合や、「これって何?よくわからない」という用語がありましたら、
お問い合わせからお問い合わせフォームからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

 

祢宜おすすめのFX口座をご紹介!

XMTrading
おすすめ口座・XMTrading

 

AXIORY

 

海外口座の中でも非常に優良な会社です。
日本語対応はもちろんのこと、トレーダーの利益となる方式を
採用しています。

 

特にXMは無料のウェブセミナー(ウェビナー)も開催しており、
知識の底上げに貢献してくれています。
是非活用しましょう!

関連記事

副業にはFXという選択肢。FXはギャンブル?儲かる?など、FXをわかりやすく1から解説

・取引の具体的な一連の流れ(執筆中)

・取引をするための詳細なカスタマイズや設定(執筆中)

・インジケーターの説明(執筆中)

・具体的な手法や理論(執筆中)

・ダウ理論とその使い方(執筆中)

・FXに重要なのは環境認識(執筆中)

・「トレードルール」「自分ルール」の作り方(執筆中)

・「検証と訓練」の詳説(執筆中)

・実際に口座を作ってみましょう(執筆中)

・祢宜が参考にした情報教材一覧(執筆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket