このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket

副業にはFXという選択肢。FXはギャンブル?儲かる?など、FXをわかりやすく1から解説

 

こんにちは、祢宜です。

 

今年2018年は副業元年と言われており、副業を解禁していく
という流れが出てくる模様ですね。
経産省が推し進めて、副業を禁止していた会社がOKにしていく流れは、
1つの時代の変化であるように感じます。

 

さて、その副業に関して、様々な選択肢があります。

  • アルバイト
  • アフィリエイト
  • FXや仮想通貨、株
  • 不動産投資
  • 転売やせどり
  • ネット通販
  • アプリ開発
  • Youtuber

 

副業の選択肢は非常に多く、悩ましいかもしれません。

 

この中で僕がオススメなのは
・FX
・アフィリエイト
の2つです。

 

おすすめである理由については僕のプロフィールをご覧ください。

祢宜のプロフィール

 

ただ、あなたがこのページを見ているということは、
FXに興味を持っているということだと思います。

 

FXは儲けることができる一方で、一般的なFXの認識としては

  • 「FXはギャンブル」
  • 「FXはお金がとける」
  • 「難しそう」

というようなものがありますよね。
そのため、あなたも不安に感じているのではないでしょうか。

 

実際問題、FXをギャンブルとして認識している人もいますし、
FXでお金をとかしている人もいます
よって、一般的な認識というのはほとんど間違っていません。

 

ただ、一般的な認識の「ギャンブル」や「金がとける」に対しての反論は、
「FXをギャンブルではなく、仕事として淡々とこなすという意識を持ち、かつ
十分に仕組みを理解すれば、一晩で全財産をとかすなんてことにはなり得ない」
ということが言えます。

 

例えば即納系商品の営業や、B to Cの店舗での物販を考えてみてください。
商品を販売して売れたら当然儲けになりますよね。
逆に1か月ずっと売れなかったら在庫を抱えて人件費もかかるので、
商品や給料の分が赤字となってしまいます。

 

この例えでの、「商品が売れる=儲けを出す」というのはFXで
利益を出した場合でも同じです。要は以下のとおりです。
物販「利益が出るだろうと踏んで商品を入荷して実際に利益が出た」
FX「利益が出るだろうと踏んで注文をかけて実際に利益が出た」

 

逆に売れずに在庫を抱えた状態が損失状態なので、FXでも
「利益が出るだろうと踏んだにもかかわらず、赤字になった」
という状態なのです。

 

つまり商品が売れるというのは、営業や販売員の手腕+運にかかっており、
FXも同様で、あなたの手腕+運+意識と認識によるのです。
運の部分はどうしようもないというのは、物販・FX共に変わりません。

 

数字を追うだけの一般の会社員や公務員は、
このような商品での黒字・赤字はあまり気にしないのかもしれません。
しかし経営やマネジメントをする立場になった場合には、
確実に気にすることでしょう。

 

ということは、FXをするというのは
「トレーダーの一人ひとりが経営者の観点にならなければならない」
ということと同義だと、僕は考えます。

 

しかしなぜかデメリット部分、失敗談だけが独り歩きしており、
一般の方の認識に植え付けられているのです。
逆に一般の方々に「FXのメリットは?」と聞くと、
おそらくあまり理解・把握していないでしょう。

 

メリットを言えない理由が「難しそう」という認識があるからです。
通常の方は「難しくて頭を使うことは避けたい」という傾向にあります。
さらに「お金に関することはよくわからない」と避けています。

 

避ける理由はひとえに
「お金に関することは学校で教育されていないから」
だと断言します。

 

数学が超苦手な人は数学ひいては数字に関することは極力避けますよね。
この理屈と同じで、お金の流れについては解らないから避けるのです。
さらに、お金に関する話はタブーであると刷り込まれているので、
余計にお金に関する話題は避けますよね。

 

その結果、FXや株などの難解なお金の動きに関する話は回避するのです。

 

それでもなおFXに関すること、始め方や用語を知りたいという
あなたは本当に素晴らしいと思います。
しっかりとお金に向き合おうとしているのですから。

 

さて、しっかりとお金に向き合うあなたのために、
今回の記事を書きましたので、熟読していただけると幸いです。

 

まずは第一弾として、FXの基礎的な部分を解説していきます。

FXの概論(FXとは?FXってどのようなもの?)

まずはFXそのものを解説していきます。

 

FXとはForex Tradingのことで、
日本語にすると「外国為替証拠金取引」と言います。
FXで利益を出す方法は「為替差益」です。

 

これだけでピンとくる方もいるでしょう。
ご存じだとは思いますが、通貨の価値というものは刻一刻と変化しています。

 

例えばNHKのお昼のニュースなどでも
「1ドル〇〇円となっています」
「ユーロに対しては△△円です」
と言っています。

 

これはその通貨の信用度や国の状態などによって変化しているのです。
この価値の変動に着目して利益を出していくものがFXなのです。

 

例えばあなたが海外に行くとしましょう。
海外に行くときには基本的に海外の通貨に両替しますよね。
その時のレートが1ドル100円だったとしましょう。

 

海外旅行を楽しんで帰ってきたら、余ったドルを円に戻しますよね。
その時のレートが円安が凄く進んで1ドル120円になっていたとします。

 

すると…、両替した時との差は1ドルあたり20円ですね。
ドルを円に戻す場合、利益となるでしょうか?
損失となるでしょうか?
(手数料は考慮しません)

そう、利益となります。

 

円の価値が高くなった時(円高)にドルに替えるということは
「ドルを安く買うことができる」、そして円の価値が低くなり、
1ドルを買うのに円が大量に必要な状態(円安)のときに
ドルを高く売れば利益が出るのです。

 

FXはこの価値の変化による差額という仕組みを利用しているのです。

 

しかしここで考えるのが
「価値が上がるか下がるかなんて、実際の所どうなるかわからないから、
結局ギャンブルではないのか?」
でしょう。

 

しかし断言します。
FXはギャンブルではありません。

 

確かに認識の仕方や手法によってはギャンブルになり得ます。
しかし上がる・下がるについては様々な要素から予測が可能です。
その予測と予めの学習が利益に直結するのです。

 

つまり、勉強も大事ですが、勉強だけだと机上の空論となるので、
模擬戦を繰り返し行うことが重要となるのです。
簡単に言うと教科書の読破だけでなく、
練習問題をどれだけ解いたかによるってことですね。

 

FXは株と同じように投資です。
将来不動産やマンションの投資を考えているという場合でも、
FXは不動産投資の練習になるでしょう。

 

土地の価格も刻一刻と変化しています。
安い時に買って、マンションを建てて先行的に投資しておき、
その周辺の施設などが整備されれば、
土地の価格が上がり、マンションの価値も上がります。

 

つまり高い家賃を請求することができるようになるということです。
しかしこれを実現するためには
その地域で再開発が行われるなどの情報が必要になってきます。

 

FXも同様に、経済に関する情報を集めることや、
チャートと呼ばれる通貨の動きを表したグラフを読み取って
自分の中にチャート情報を落としこむことが必要になるんですよ。

 

要は、どの通貨の価値が上がるのだろうか、
下がるのだろうかを熟考しながら、
チャートや経済指標を用いて考えていくのがFXなのです。

 

いかがでしょうか?
FXは奥が深そうと思ってくれれば幸いです。

 

しかし
「考えるのがめんどくさい」
「もっと簡単に稼ぎたい」
と考えているのならば、FXは諦めた方が良いでしょう。

 

そのような方にはFXより簡単な
「バイナリーオプション」というものをおすすめします。

 

バイナリーオプションとは
「現在の価格に対して、例えば1分後に上がっているか、
下がっているかを予想する」というものです。

 

例えば上がるにベットして上がっていればお金がもらえる、
下がっていたら没収というシンプルでルールもわかりやすいものです。

 

上がる・下がるについても見分けるためのツールがありますので、
勘だけでやっていくものではありませんよ。
ツールの詳しい説明については僕の記事をご覧ください。

FXやバイナリーオプションで使っていくツールやインジケーターについて
(執筆中)

 

今なら口座開設でキャッシュバックも受けられますので、
「FXよりバイナリーオプションの方が簡単そうだし面白そう!」
と考えている方はいかがでしょうか?


FXを副業としてやっていくメリットとデメリット

バイナリーよりもやっぱりFXが良いかな、という方に、
FXのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

 

まずはメリットをお伝えします。
FXのメリットは大きく分けると3つあります。

 

  • 少額の資金で多額のお金を動かすことができる
  • 土日以外ならば、時間帯関係なく24時間取引ができる
  • やろうと思えば数十分だけでも稼ぐことができる

 

詳しく解説していきます。

・少額の資金で多額のお金を動かすことができる

これは正直メリットでもあり、デメリットでもあります。
「多額のお金を儲けることができる」のではなく
「多額のお金を動かすことが可能」なので、損失の場合もあるからです。

 

しかし損失に関してはFXに備わっているシステムによって、
最小限に抑えることは可能です。
「逆指値注文による損切り」で抑えることが可能です。
「逆指値」や「損切り」という用語については用語集の記事にて解説します。

 

ただ「逆指値注文による損切り」を簡単に説明すると…
これから値が上がるだろうと踏んで注文したものの、
どんどん下がってしまっている。
そのような状況で損失状態での決済を自動的にするものです。

 

例えば、110円で上がるだろうと踏んで注文をかけたけども、
109円まで下がってしまった。
何も設定をしなければ1円分の損失を全部背負う必要があります

 

しかし「109.8円になったら損を背負って決済」と設定をしておけば、
109.8円まで下がったら、たとえ本当に損であったとしても
自動で決済してくれるので、最小限に抑えることができるのです。

 

この設定をするかしないかで、ギャンブル性が雲泥の差ほど違います。
損失を最小限にできるのでプラスを大きく取ることができれば、
月間では結果的にプラスにすることができるのです。

 

「月ではプラス」という言葉もギャンブルっぽいですよね。
しかしまた物販の例を挙げると、商品が売れた日はプラス、
商品売れない日は人件費などがかさむのでマイナス、
と考えれば結局は経営の考え方と同じなのです。

 

やはり雇われている人間の考え方から
運営していく側の人間の思考へと変化させていく必要があるのです。

 

さて、「少額の資金で多額の資金を動かすことができる」という
言葉を聞いてもいまいちピンと来ないかもしれません。
このシステムはFXや仮想通貨特有で
「レバレッジ」というシステムがこれを可能にしています。

 

「レバレッジ」という用語に関しても用語集の記事で解説します。
簡単に言うと、「てこの原理」のように小さな力で
大きなものを動かすことができる、というものです。

 

要は実際にあなたが保有している資金よりも
多くの通貨量でトレードができるのです。
例えばレバレッジ25倍ならば、
あなたの資金の価値が25倍になるという感覚です。

 

株の場合でも「レバレッジ」はあります。
しかし「信用取引」というシステムを使わないとレバレッジはありません。

 

信用取引ではない通常の取引(現物取引)の場合は
10万円の株式なら10万円が必要となるのです。
(レバレッジ1倍)

 

このため株では、数十万円というまとまった資金が必要となりますが、
FXや仮想通貨ならば数万円程度の資金から取引が可能なのです。

・土日以外なら時間帯関係なく24時間取引が可能

株は朝9時から夕方5時(17時)までしか取引ができません。
しかしFXは土日以外なら24時間いつでも取引ができます

 

なぜなら株の取引所(市場)は日本だけですが、
FXの取引所というのは日本だけではなく
世界中に点在しているからです。

 

ザックリとした各取引所が営業している時間帯を書きます。

 

朝4時からがオセアニア市場:オーストラリアや東南アジアのことですね。
朝9時~17時がアジア市場:メインは東京です。
16時~23時がヨーロッパ市場:メインはロンドン。
22時からがアメリカ市場:一般的にはニューヨーク市場と言われています。

 

このようなサイクルがあるため、
土日以外ならどの時間帯でも取引が可能なのです。
このような時間差が起こる理由は、
お分かりかもしれませんが地球の時差があるからですね。

 

ただ、24時間できるとは言え、
値が動きやすい時間帯というものがあります
そのため、24時間張り付かなくても、値が動きやすい時間帯だけ
注視していれば良いというのもメリットだと言えるのではないでしょうか。

・やろうと思えば数十分だけでも稼ぐことができる

副業で時給1000円のアルバイトを選択する場合、
1万円を稼ごうと思うと10時間も働く必要があります。
本業があるにもかかわらず、副業に多くの時間を費やすなんて
体力的にも厳しいですよね。

 

仕事が本当に大好きで働くということが生きがいだ、
というのなら問題ないかもしれません。
しかし多くの人の本音は本業にプラスして働きたくないでしょう。
自分の時間や家族と過ごす時間も減ってしまいますからね。

 

アルバイトに多くの時間を費やして少額を稼ぐくらいなら、
FXに少しの時間を費やして少額を得る方が時間効率は良いでしょう。
FXは時間短縮が可能なのです。

 

もちろん利益を得るためには相応の技術や知識が必要です。
この点もデメリットと言えるかもしれません。
何せ、アルバイトはボーーーーっとしててもお金が入ってきますからね。

 

では、その技術や知識はどこで手に入れるべきかという
不安があるかもしれませんが、安心してください。

 

僕の記事で解説していきます。

 

ただ、項目や知識量は多く、多くの時間が
必要になることだけは頭に入れておいてください。
よって初めの内は絶対に稼ぐことができない
という点もご承知おきください。

FXや仮想通貨で使われる用語をわかりやすく解説した用語集

・取引の具体的な一連の流れ(執筆中)

・取引をするためのカスタマイズや設定(執筆中)

・インジケーターの説明(執筆中)

・具体的な手法や理論(執筆中)

・ダウ理論とその使い方(執筆中)

・FXに重要なのは環境認識(執筆中)

・「トレードルール」「自分ルール」の作り方(執筆中)

・「検証と訓練」の詳説(執筆中)

・実際に口座を作ってみましょう(執筆中)

FXのデメリット

これは多くの方が認識しているかもしれませんが、あえて挙げてみます。

  • 資金がなくなってしまう可能性がある
  • FXの情報は闇が深い
  • 通常の人は利小損大で考えてしまう

それぞれ説明します。

・FXは資金がなくなってしまう可能性がある

当然のことながら、FXで負けがかさむとマイナスになっていきます。
マイナスの取引を積み重ねれば資金がゼロに近づいていくのは当然です。

 

まれなケースではありますが、
一晩で資金を全額とかした、という人もいるようです。

 

僕の自衛隊時代の知り合いも
資金300万でやり始めて、
一晩で400万の損失になった時には自殺を考えた
と言っていました。

 

何にしても、このような事態はFXのシステムを
しっかり理解していないことによる損失だと言えます。
勉強不足がこのような事態を引き起こしてしまうのです。

 

つまり「一晩で~」に関しては、FXの勉強をして理解すれば、
このようなことにはなりませんので安心してください。

・FXの情報は闇が深い

いわゆる「情報教材」「情報商材」というものです。
正直に言うと、情報にあれこれ手を出すのは無駄です。

 

正直僕も色々と教材は購入して試してきました。
ある程度役に立つ教材もあれば、全く役に立たない教材、
教材と言えるほどの体裁を整えていない文章など玉石混交です。

 

何にしても、基本的な情報教材の謳い文句として
「これさえあればFXで稼げるようになる!」
「簡単に稼ぐことができる魔法のテンプレート付」
みたいなものも存在しますが、断言します。

 

FXは検証と訓練を重ねない限り
簡単には稼げません。

 

インジケーターという値動きを見るための曲線の数値をいじったり、
教材を漁ったりして、「手軽で最高の“聖杯”」を探す“旅”に出る人もいます。
しかしそういう人に限って、教材の検証や落とし込みが不十分なのです。

 

ちょっと試して稼げなかったら、
じゃあ次の教材を探すかってことになっている状態ですね。

 

教材を探す時間やインジケーター(=曲線)の数値をいじる時間が
あるのならば、FXの値動きの観察や教材を1つに絞って納得できるまで
検証に検証を重ねることに時間を費やした方が
僕としては余程有益だと思いますね。

 

よって、情報教材を漁ることはせず、
自分の信じる方法を愚直に実践するのが一番だと言えます。

 

「じゃあ信じられる方法って何?」という部分についても、
記事にしていきたいと思います。

祢宜が参考にした情報教材一覧(執筆中)

・通常の人は利小損大で考えてしまう

日常生活や人間の本能としては
利小損大の考え方が正解なので問題ありません。
ですがFXの場合には、この考え方は大間違いです。

 

まずは本能部分の例を考えていきましょう。
例えばあなたが借金を背負っていない状態で、

  • 100万円を確実にもらう
  • くじをひいて0円か200万円をもらう

という2択があった場合、ほぼ確実に「100万円をもらう
という選択肢となるでしょう。

 

しかしあなたが仮に200万円の借金を背負っている場合には
考え方が変わります。

  • 100万円を確実にもらう(100万円の借金が残る)
  • 0円or200万円のくじをひく(借金がなくなるかも)

という2択がある場合、ほとんどの人が
0円or200万円のくじをひく」ようです。

 

これは、利益を得られる状態ならば「少しでも利益を確保する
という心理が働きます。
逆に損失状態の場合、「借金をチャラにする」などの、
一発逆転的な考え方に陥るのです。

 

この考え方を『プロスペクト理論』と言います。

 

話をFXに戻します。
注文を入れている状態のときに、思っていた方向と逆方向に伸びてしまって
損失が出た場合、通常の人はどう考えるかというと、

 

「下がりすぎor上がりすぎだからまた戻るだろう」や
「損が±0になったら決済しよう」

 

というような、期待や欲目の心理状態となるのです。
逆に利益が出ているときには

 

「この注文は利益が出ているのだから、この利益は逃したくない。
早めに確定させておこう」
「利益が±0になったらもったいない」

 

という状態に陥るのです。
つまり防衛本能ですね。

 

先にも書いたように、このプロスペクト理論は
日常生活ならば間違いではありません。
しかしFXにおいては大間違いです。
これを続けてしまうと資金を溶かして退場になる日も遠くありません。

 

よってFXにおいてはプロスペクト理論のような、
利小損大の考え方の逆をしなければなりません。

 

つまり「利益が出ているときは利益を大きく伸ばす」、
「損失になったときは早めに見切りをつける」
という事をしなければならないのです。

 

要は利小損大ではなく、
利大損小を身につける必要があるってことですね。

 

この考え方は文章を読めば身につくものではなく、
あなた自身が訓練で鍛えていく必要があります。

 

さらに「明確な自分ルール」を定めなければ自分に甘くなってしまうので、
あなた自身があなたのための明確なルールを作って、
機械的に取引ができるようになりましょう。

・「トレードルール」「自分ルール」の作り方(執筆中)

FXはどうやって取引をするのか?

こればかりは言葉では説明しがたいので、画像を使って解説していきますね。
まずはFX用の口座に登録します。
(口座の登録方法に関しては別記事で解説します)

FX用の口座を作ってみましょう(執筆中)

 

口座に登録したら、お金の流れの図(チャート)を
見るためのソフトウェア(MT4)を起動します。
起動すると下のような画面が表示されます。

 

なんだこりゃ…」と思って怖気づく方もいれば
すげー」と思う方もいるでしょう。
しかし初期の画面ではまともに取引することができませんので、
カスタムをしていくことになります。

 

カスタムすると、以下のような感じに仕上がります。

例1:

 

例2:

 

カスタム方法も人それぞれなので、「全員同じカスタマイズ」
ということはあり得ません。
個人個人で扱いやすいようにアレンジしているのです。

 

どれが扱いやすいのかというものは、
正直あなたが試してみないことには誰もわかりません
それぞれのシステムを理解して検証と訓練を繰り返して身につけましょう。

 

ちなみに検証と訓練に関しては、実践で行う以外にも、
デモ口座(お金を使わないトレードの練習用の口座)や
テスター(過去のチャートを使って時短で検証する方法)
があります。

 

さて、カスタムを終えたらいよいよ注文です。
注文するときは画面左上あたりにある「新規注文ボタン」をクリックするか、
キーボードのF9を押します。

 

すると下のような別窓が表示されます。

 

赤枠部分の数量(初期値は1.00)を決め、
青枠部分の「成行売り」または「成行買い
をクリックすれば注文成立です。


(適当なエントリー(=注文)なので、数量は0.01にしています)

 

注文した後はどのような行動をとってもらっても構いません。

  • スキャルピング:注文の保有時間を短くして、少しの利益が出たら決済という方法
  • デイトレーディング(デイトレ):数時間~20時間程度保有はするけど日を跨ぐことはない方法
  • スイングトレード:何日も、何か月も注文を保有しておく方法

 

あなたに合った方法でトレードを行うことができます。
ただ、副業という観点から考えると、
「スイングトレード」は合っていないように思います。

 

何か月も保有するということは暫定的に利益は出ているかもしれませんが、
利益を確定させることができないからです。
暫定利益のことを「含み益」と言いますが、
この含み益は口座から引き出すことはできません。

 

注文を確定させない限りは利益分に手を出せないのです。
そのため副業で10万円程度を稼ぐのならば、
短期的な保有で利益を確定させていった方が
精神的にも利益的にも安定して良いのではないかと思います。

 

さて、利益や損失が出て「このタイミングだ!」
と思ったときに決済の手続きをします。
決済の方法は2種類あります。

 

1つはチャート上の注文ラインを右クリックして「閉じる」を押す。

 

もう1つはチャート画面の下にある「ターミナル」
という注文管理欄の右端にある×を押す。

 

この手続が完了すれば、あなたの口座に額に
含み益・含み損が確定され、実際の損益となり反映されるのです。

 

さて、FXを簡単にではありますが、紹介させていただきました。
まだまだ上辺だけをサラッと触れただけなので、
「FXが理解できた!」という感覚ではないかと思います。

 

次回以降はしっかりと踏み込んで書いていきますので、
ぜひ読んでみてくださいね。

最後まで読んでくれたあなたに質問です

FXで最も知りたいことを2つ教えてください。
それを基に次回以降の記事を作っていきたいと考えています。

 

僕はあなたと共に記事を仕上げていきたいと思っていますので、
ぜひともご協力をお願いいたします。
ご協力いただいた方には粗品を差し上げます。

アンケートフォームはこちら

 

FXついてのご質問やこの記事へのご意見がありましたら、
お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いしますね。

お問合わせはコチラ

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございます!
他にも有益な情報を発信しているので、
よかったらぜひ読んでみてくださいね。

 

祢宜おすすめのFX口座をご紹介!

XMTrading
おすすめ口座・XMTrading

 

AXIORY

 

海外口座の中でも非常に優良な会社です。
日本語対応はもちろんのこと、トレーダーの利益となる方式を
採用しています。

 

特にXMは無料のウェブセミナー(ウェビナー)も開催しており、
知識の底上げに貢献してくれています。
是非活用しましょう!

 

関連記事

FXや仮想通貨で使われる用語をわかりやすく解説した用語集

・取引の具体的な一連の流れ(執筆中)

・取引をするための詳細なカスタマイズや設定(執筆中)

・インジケーターの説明(執筆中)

・具体的な手法や理論(執筆中)

・ダウ理論とその使い方(執筆中)

・FXに重要なのは環境認識(執筆中)

・「トレードルール」「自分ルール」の作り方(執筆中)

・「検証と訓練」の詳説(執筆中)

・実際に口座を作ってみましょう(執筆中)

・祢宜が参考にした情報教材一覧(執筆中)

このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
Pocket